foto1
foto1
foto1
foto1
foto1

ようこそ!小杉一男のホームページへ!



「街作りは区民の声を踏まえて」 小杉議員が初質問

910日より、14年度決算を審議する第3回中野区議会定例会が始まりました。本会議では共産党議員団から長沢和彦議員と小杉一男議員が一般質問を行いました。

まちづくり構想登録の在り方は再検討を

小杉議員は冒頭、沼袋駅周辺のまちづくりを取

IMG_2349.JPG

り上げました。西武新宿線まちづくりの検討は「区民の意見が十分に反映されるか」がかなめです。7月に出された整備方針案の内容について、街区再編や地区内道路、鉄道上部空間の利用などを質問するとともに、地区まちづくり構想の登録の在り方を改めて検討すべきではないかと区に見解を求めましたが、区長からの回答では、区は今後もこの基準を変えずに進めるとの姿勢を崩しませんでした。現時点では区の条例に基づき発足した検討会がまとめた構想案は「地域住民等の概ね5分の4の賛同」という厳しい基準を適用され構想として認められていません。沼袋駅周辺の取り組みは初めての事例となり、今後進む各地域でのまちづくり検討に影響を与えると思われます。

新体育館建設計画は撤回し、区民参加で検討を

平和の森公園の再整備については共産党議員団からの質問に対し、区は新体育館建設で「防災機能を向上させることができる」、利用計画変更により「長い区民運動の歴史を完全に継承したもの」、旧中野中跡地活用は中野総合病院の建て替えの利用も「視野に入れて検討する」などと姿勢を示しました。区民に自由に解放された草地広場について、区は意義を述べるとともに「今後も草地広場の特性は維持していきたい」と答えました。決算特別委員会でも、議員団は公園の歴史について取り上げ、公園の新体育館などの建設は白紙に戻し、区民参加で検討することを追及しました。

誰にでも安心して暮らせる住まいを

住まいの確保の問題では、生活保護の住宅手当引き下げ等への対応について、経過措置を柔軟に適用するなど丁寧な対応を求めました。区は「状況を配慮しながら経過措置の適用を検討したうえ、対応を図っている。十分な周知を行い、適切に対応していく」との回答でした。その他、公営住宅の建設の推進、家賃補助制度の創設、居住支援協議会の設置についても触れました。

羽田空港の空路変更は中止を求めるべき

国土交通省が羽田空港の離着陸空路を変更する見直し案を示している問題について、区としても国や都に空路変更の中止を求めましたが、区は「羽田空港の機能強化は地域活性化のための必要」とし、「飛行ルート変更の中止を求めることは必要ない」と答えました。

その他、「地域の見守り」支援の強化、先進医療への助成制度の創設などについて質問しました。

910日より、14年度決算を審議する第3回中野区議会定例会が始まりました。本会議では共産党議員団から長沢和彦議員と小杉一男議員が一般質問を行いました。

まちづくり構想登録の在り方は再検討を

小杉議員は冒頭、沼袋駅周辺のまちづくりを取り上げました。西武新宿線まちづくりの検討は「区民の意見が十分に反映されるか」がかなめです。7月に出された整備方針案の内容について、街区再編や地区内道路、鉄道上部空間の利用などを質問するとともに、地区まちづくり構想の登録の在り方を改めて検討すべきではないかと区に見解を求めましたが、区長からの回答では、区は今後もこの基準を変えずに進めるとの姿勢を崩しませんでした。現時点では区の条例に基づき発足した検討会がまとめた構想案は「地域住民等の概ね5分の4の賛同」という厳しい基準を適用され構想として認められていません。沼袋駅周辺の取り組みは初めての事例となり、今後進む各地域でのまちづくり検討に影響を与えると思われます。

新体育館建設計画は撤回し、区民参加で検討を

平和の森公園の再整備については共産党議員団からの質問に対し、区は新体育館建設で「防災機能を向上させることができる」、利用計画変更により「長い区民運動の歴史を完全に継承したもの」、旧中野中跡地活用は中野総合病院の建て替えの利用も「視野に入れて検討する」などと姿勢を示しました。区民に自由に解放された草地広場について、区は意義を述べるとともに「今後も草地広場の特性は維持していきたい」と答えました。決算特別委員会でも、議員団は公園の歴史について取り上げ、公園の新体育館などの建設は白紙に戻し、区民参加で検討することを追及しました。

誰にでも安心して暮らせる住まいを

住まいの確保の問題では、生活保護の住宅手当引き下げ等への対応について、経過措置を柔軟に適用するなど丁寧な対応を求めました。区は「状況を配慮しながら経過措置の適用を検討したうえ、対応を図っている。十分な周知を行い、適切に対応していく」との回答でした。その他、公営住宅の建設の推進、家賃補助制度の創設、居住支援協議会の設置についても触れました。

羽田空港の空路変更は中止を求めるべき

国土交通省が羽田空港の離着陸空路を変更する見直し案を示している問題について、区としても国や都に空路変更の中止を求めましたが、区は「羽田空港の機能強化は地域活性化のための必要」とし、「飛行ルート変更の中止を求めることは必要ない」と答えました。

その他、「地域の見守り」支援の強化、先進医療への助成制度の創設などについて質問しました。